悩んだ時は原因を探り結果を受け止める

私は今、大学4年生で卒論を書いている真っ只中です。
正直、成果という成果は上がらず、私はかなり精神的に落ち込みました。
メンタル的な落ち込みと先生に迷惑をかけているのではという罪悪感と卒業できるのかという不安が襲いました。

ここで私が行った悩み解消はその悩みそのものに向き合うという方法でした。
具体的には紙とペン、若しくはスマホのメモ帳に悩みを書くという方法です。
悩みそのものと何故その悩みを抱いたのかの原因を書きました。
そこから自分がどのようにすれば良いのかを書きました。
その後は自分が今出来ていることを書きました。
私はあの時こうじゃなければ逆にもっと悩みが悪化してたな等の類を書きました。
私はこれを後半に書くことを意識して書きました。
この時、あまり否定的なことは書きませんでした。
自分で否定を入れると、また気持ちに揺らぐためです。
私はこれを実践して大分気持ちが落ち着き、ありのまま結果を受け止められるようになりました。

健康効果と美容効果をサポートするフルーツ青汁