クレジットカードを解約する時に注意しなければいけないこと

クレジットカードを持ったままでいると、年会費だけを支払う形になっていたり、第三者に不正使用された時に気づくことが遅れたりします。複数のクレジットカードを所有しているとカードローン

や住宅ローンの審査時に不利になる可能性もあると言われています。ほとんど使っていないクレジットカードならば、解約したほうがいいでしょう。ただし、クレジットカードの解約時には気を付けておきたい点がいくつかあります。クレジットカードの支払いが残っている時に解約手続きを行うと、その時点で精算を済ませてしまわないといけません。一括返済をする余裕がない人は、完済するまでクレジットカードの解約を先延ばしにした方が良いです。クレジットカード会社は新しい顧客を常に求めていますので、新規契約時にはポイントが多めに入るなどの特典があります。入会特典をもらった後すぐに解約すると、場合によってはその会社が発行しているクレジットカードを二度と作れなくなってしまう可能性があります。この先も、その金融会社からお金を借りるつもりでいるような人は、カード発行時から半年くらいは解約を控えましょう。クレジットカードの年会費は基本的に一度支払ったら返ってきませんし、更新期日を過ぎたら1年分の年会費を支払うことになります。ポイント特典がついていたクレジットカードの場合、解約をするとポイントか消えてしまいますので、まずポイントを使い切ってから解約をしましょう。クレジットカードの解約時には、利用状況やポイントの有無、更新日の確認を怠らないようにしましょう。ソフトヤミ金